映画・ドラマに学ぶ教育の本質 | 最新号の内容 | おすすめDVD

映画『深夜食堂』

映画『深夜食堂』
2015年/日本/119分
監督:松岡錠司
出演:小林薫,高岡早紀,柄本時生 他
発売元:小学館/アミューズ/MBS
販売元:アミューズソフト
価格:DVD ¥4,800+税(通常版)
DVD好評発売中
(c)2015安倍夜郎・小学館/映画「深夜食堂」製作委員会

深夜食堂 ほっこりしたくつろぎの中にある真実

吉田 和夫(玉川大学教師教育リサーチセンター客員教授/教育デザイン研究所代表理事/元東京都公立中学校校長)

癒されたいときって、つらいときや悲しいときもありますが、何となくほのぼのしたいとき、そして何となく生きていくことをさりげなく励ましてくれるような、家族の温もりが欲しいときでもあったりするものです。そんなとき、1人部屋に籠もって観たい映画がこの『深夜食堂』です。え、「食い物の話は興味がない」って? いやいやどうして、それがけっこう味わい深いのですよ。食べ物にまつわるさまざまな人生模様と人々の触れ合いが、人間味あふれる深夜食堂のマスターの言動の中に見え隠れするのがこの映画の味わい深いところ。そう、隠し味の効いた美味しくくつろげる料理のようなオムニバスドラマのシリーズです。
舞台は東京都新宿区歌舞伎町。1日が終わり、人々が家路へと急ぐころ、定食屋「めしや」の1日が始まります。営業時間は深夜0時から朝7時ごろまで。マスターはちょっと曰く付きな、左目に切り傷跡がある無口な男。馴染みの客は『深夜食堂』と呼びます。メニューは豚汁定食と数種類のお酒のみですが、できるものなら作るよというのがマスターの営業方針です。
本編のストーリーは3話で、マスターと「めしや」に来るさまざまな客が主人公です。1話目はパトロンの愛人を亡くした、たまこの話。たまこははじめという若者と恋に落ちますが、最後には愛人の遺産が入ったと嘘をつき、はじめを突き離す形で自分から解放させます。2話目はネットカフェに泊まる金もなくなり「めしや」で無銭飲食した、みちるの話。腱鞘炎になったマスターの代わりに料理を作り、最後はその腕と人柄が見込まれ、老舗料亭で働くことになります。3話目は、震災ボランティアがきっかけで、妻子を亡くした謙三にプロポーズされる、あけみの話。あけみを忘れられず、ストーカーのようにつきまといますが、最後にはさまざまな思いをふっ切り、福島に帰ります。
家庭以外に別の場所を求め、今夜も盛り場で彷徨う老若男女が大勢います。この深夜食堂に集うさまざまな境遇の人達はある種の共同体的・家庭的な場を生み出しています。そのような人達の人生を垣間見ることも、人生の勉強として時には必要なのかもしれません。


教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介