最新号特集ダイジェスト | 教職・一般・専門教養

頻出の法規を徹底的に読み解く 〜教育を受ける権利

出る度B 教育を受ける権利
日本国憲法

ここがポイント
日本の教育制度は、すべての国民が教育を受ける権利をもつという日本国憲法第26条第1項の規定の下に形作られている。

 

ココを覚える①
日本国憲法第26条第1項

〈よく出る理由〉日本の教育の根幹であるこの条文は、毎年のように出題する自治体があります。空欄補充だけではなく、出典法令を答えさせる問題も多いので、丸ごと暗記してしまうようにしましょう。

解説
教育を受ける権利は、基本的人権の一つで、国民が国に要求できる「社会権」に位置付けられるものです。教育は「受けないといけない義務」ではなく、「受けることのできる権利」であるため、国は、子供の発達に応じた教育を保障したり、経済的な理由によって修学が困難な者に対して配慮したりすることが求められます。
下の図は、国民の教育を受ける権利を保障するために、どのようなことがほかの法令で定められているのかを示したものです。
まず、国民の教育を受ける権利(日本国憲法第26条第1項)を保障するためには、どの子供にも等しく教育の機会が保障されていなくてはいけません(教育基本法第4条第1項)。そして、保護者に対しては、子供に教育を受けさせるよう義務付ける必要があります(日本国憲法第26条第2項)。これらを実現していくための具体的な制度が「義務教育制度」というわけです。

教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介