最新号特集ダイジェスト | 教職・一般・専門教養

「教育法規」の基本と対策法を知る

教育法規は、法律の構造や成り立ち、そして押さえるべきポイントを知ると、その後の学習がスムーズに進みます。

 

法規の基本 1
法令はピラミッド構造になっている

教育法規を理解するためには、まず法令の基本構造を知る必要があります。日本の法令は、日本国憲法を最高位としたピラミッド構造になっています。下の図は、その構造を示したものです。
上位の法令ほど効力は強く、下位の法令を制定する際には、上位の法令に反してはいけないことになっています。そのため、上位の法令ほど制定の手続きは複雑で、かんたんには制定・改正できないようになっています。

上の図のピラミッド構造は、上部ほど理念的、下部ほど具体的に規定されています。
例えば「義務教育」についての規定を見ると、日本国憲法で保護者にただ普通教育を受けさせる義務を課していて、具体的な内容は学校教育法などで定めています。そして、さらに細かな規定は、学校教育法施行令や学校教育法施行規則で定めています。

 

法規の基本 2
法律は議論を経て、国会で成立する

法律は、国会での採決を経て成立します。では、それ以前、「法律案」は、どのようにして国会に提出されるのでしょうか。
2013年に成立した「いじめ防止対策推進法」を例にすると、きっかけは、2011年に起きた中学生のいじめ自殺事件でした。これを機に、いじめ対応を国レベルで考えるべきという意見が出て、2013年2月に教育再生実行会議が「いじめの問題等への対応について」を提言。法律制定の必要性を明示しました。これを受け、法律案の作成が行われ、2013年の通常国会に提出され、6月28日に可決・成立しました。このように、法律の制定は、社会的課題の顕在化→有識者による検討を経て、国会に提出されるのが一般的な流れです。

 

法規の基本 3
条文はいくつかのパーツで成り立つ

法律は、いくつかのパーツから成り立っています。教育法規の問題を解くためには、最低でも下記のパーツの名前は知っておくとよいでしょう。

教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介