最新号特集ダイジェスト | その他

Q&Aで分かる「教採」基礎のキソ 〜受験するにはどんな資格が必要なの?

□「特別」の選考区分もある
教員採用試験には、「受験区分」のほかに、「選考区分」というものもあります。大学生が普通に受験する場合は「一般選考」となるのがほとんどですが、一定期間以上の講師経験や社会人経験があったり、スポーツや芸術分野で秀でた実績があったりすると、「特別(特例)」選考」での受験が可能となります。「特別選考」の場合は、試験内容が変わったり、試験の一部が免除されたりといった優遇措置があるので、該当する可能性がある人は確認するとよいでしょう。

ココもチェック!
■教員資格認定試験
前述した通り、教員採用試験を受験するには、教員免許状を取得済み、もしくは取得見込みであることが必須。それには、大学等で教職課程を履修する必要がある。
しかし、例外として「教員資格認定試験」に合格すれば、大学での履修に関係なく、教員免許状を取得できる。ただし、この試験で取得可能なのは小学校と特別支援学校の免許状のみで、中学校や高校の免許状が取得できる試験は行われていない。

 

教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介