教職探検隊

学校にまつわる謎を解け!教職探検隊「教員の『公開授業』と ネットワークづくり」

このコーナーは、学校や教育にまつわる、知っていそうで知らない素朴な疑問を解き明かすもの。編集部による「探検隊」が、教職のプロ・高野敬三先生の元へ「遠征」します。
今月の謎は「教員の『公開授業』とネットワークづくり」。先生が「公開授業」をしていることは知られていますが、これは先生方のネットワークづくりにも役に立っていることを探検隊はつかんだようです。

監修 高野 敬三(明海大学副学長)
1977年に都立高校英語科教員となる。都教育委員会理事、都教職員研修センター所長、都教育監などを歴任し、2016年より現職。

先生方の自主的な研究会を
教育委員会がバックアップ

(以下 高=高野先生、隊=探検隊員)
隊1:高野先生こんにちは。いよいよ試験の直前期に突入。受験生の緊張も高まってきました。
隊2:中には、同じ自治体を受ける友人がライバルに見えて、ピリピリしてしまうなんて受験生もいます。
高:適度な緊張感は必要だが、友人までライバル視するのは行き過ぎだな。一緒に学習すれば、より効率的に学べるし、何よりも、合格後も、きっと一緒に仕事をすることになる。大事にすべきだよ。
隊1:大事にすべきなのは、その通りだと思います。でも、勤務校が違えば、一緒に仕事をすることはないんじゃないですか?
高:そうか、探検隊諸君は、教師は、同じ学校の教職員としか交流しないと思っているのだね。それは、ちょっと視野の狭い考え方だ。教師は、「市教育研究会」などの勉強会を通じて、他校の先生とも頻繁に交流があるよ。
隊2:市教育研究会?どんな組織でしょうか?
高:うん。正式には「○○市△△教育研究会」と呼ばれる。○○には自治体名、△△には教科名が入り、同じ校種・教科の先生方で組織される。例えば、横浜市の小学校の国語科なら「横浜市小学校国語教育研究会」という組織があるんだ。法で規定された公の組織ではなく、先生方が自由意志で参加する「任意団体」だ。
隊1:どんな活動を行っているのですか?
高:先生方の自発的な研修を実施している。月に1回程度、学校を会場に同じ教科の先生が集まり、授業を見るなどして、指導法などを研修している。そして年に1回か数回、ある学校に自治体内の同じ教科の先生が集まる研究大会を市教委とともに開催する。それを「市教研」と呼んでいるんだ。大会では、優秀な先生の公開授業や、先生方によるディスカッション、大学の研究者など有識者による講演などが行われる。同じ日に、各教科ごとに、こうした研究大会が同時に実施されるんだ。
隊2:へー。ずいぶん大規模ですね。
高:うん。学校を会場にしたり、子どもたちを相手にした公開授業をしたりするのは、「自主的な勉強会」の範疇を超える。そのため、自治体の教育委員会が「後援」という形でバックアップするんだ。
隊1:先生方が自分たちで研修してるんですね!
高:うん。こうした研修が長年続いてきて、今の学校教育の質につながっているとも言えるだろう。
隊2:日本の先生は勉強熱心ですね!

 

官製の研修との違い

隊1:研修と言えば、10月号で、教師には「初任者研修」や「中堅教諭等資質能力向上研修」があると聞きましたが、これとはどんな違いがあるのですか?
高:よく覚えていた。珍しく偉いじゃないか。初任者研修など、自治体が主催する「官製」の研修は、いわゆる最低限知っておかなければいけない知識を、講師が伝達することに重きが置かれている。そのため、いろんなことを、「広く浅く」知るという内容になりがちだ。
隊2:では、市教研はどうでしょうか。
高:こちらは、同じ教科の教員が、現場で役立つ知識・知見を発表するものだ。公開授業なら、授業後に感想を言い合ったり、意見を求めたり、有識者からアドバイスを受けたりといった、「アクティブ・ラーニング」のような内容になる。
隊1:より現場で役立つ実践的な内容になりそうですね。
高:その通り。しかも、強制ではなく自主的に参加している先生ばかりだから、モチベーションも高いことが多いぞ。
隊2:とっても勉強になりそう!

 

全国に人脈を広げるチャンス!

高:市教研に参加することのメリットは、これ以外にもある。全国に人脈を広げることができるんだ。
隊1:全国? 市教研は、自治体内の先生が参加するものじゃないんですか?
高:市教研は市の組織だが、その上には県レベル、さらには全国レベルの組織もあるんだ。例えば、私の専門教科である英語を例にするなら、「全国英語教育研究団体連合会(全英連)」という全国組織がある。全英連は、年に1回、全国大会を開いている。例えば、ある年に、新潟県で全国大会を開いたとする。ここでは、新潟県の大会で高い評価を得た、とびっきり優秀な英語の先生が公開授業を担当するんだ。
隊2:緊張しそう!
高:緊張するが、選ばれた教員にしか与えられない、実に名誉ある晴れの舞台だ。全国大会には、各自治体の著名な教員や文部科学省の官僚もやってくるから、ここで全国に人脈を広げることが可能になるんだ。

 

高野先生の場合は、
イギリス留学につながった!

隊1:でも、全国に人脈を広げるメリットって、何かあるんですか?
高:まず、全国の優れた教育について情報交換ができるようになる。さまざまな場面で、文科省から声がかかることもある。
隊2:例えばどんなことですか?
高:私の経験を話そう。私の場合、まず東京都の公開授業を任され、そこで都内の熱心な先生方の知遇を得て、いろいろ学ばせてもらった。その後、幸運にも全英連の公開授業も任された。その授業を見た文科省の職員から、イギリスに留学するシステムをつくったから参加してもっと勉強してみないかと誘われて、半年間留学させてもらったんだ。
隊1:「国費留学」ですね!すごい!
高:留学を通じては、英語教育について学べただけでなく、同じく文科省から声をかけられて留学していた全国17人の先生方と知り合えたのもとても大きな収穫だった。
隊2:まさに精鋭の先生方ですものね。
高:私が精鋭かは置いておいて、皆優秀な先生ばかりだった。皆、その後はそれぞれ全国の教育長や大学の学長といったキャリアをたどったが、今でも定期的に同窓会をやるほど、結束は固いね。
隊1:まさに、高い教育を志す仲間なのですね。
高:うん。私はとてもよい縁を得たと思っている。しかし、実は今の先生方は、あまり公開授業などにも参加しなくなってきているんだ。忙しいというのも一因だろう。
隊2:せっかくのチャンスがもったいない気もします。
高:同感だ。自分も含め戒めたいのは、人に教える立場の教員は、とかく独善的になりがち。公開授業に参加すると、上には上がいて、他人から学ばなくてはいけないと痛感する。受験生の皆さんが教員になったら、ぜひ積極的に参加してもらいたいね。

教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介