教職・一般・専門教養 | 最新号の内容

出題者が問う用語4 生きる力

100字で理解

「生きる力」は、現行(旧)学習指導要領から引き継がれた理念で、学習指導要領における最大の目標。「育成を目指す資質・能力」を三角形の図で表現した際に、その中心に置かれるもの。

これまでも掲げられてきた
「生きる力」という理念

「生きる力」は現行(旧)指導要領から引き継がれた理念。新学習指導要領の「総則」の「解説」では、「予測困難な社会の変化に主体的に関わり、感性を豊かに働かせながら、どのような未来を創っていくのか、どのように社会や人生をよりよいものにしていくのかという目的を自ら考え、 自らの可能性を発揮し、よりよい社会と幸福な人生の創り手となる力を身に付けられることが重要」とされ、これこそが「長年その育成を目指してきた『生きる力』であること」を確認している。こうした「生きる力」とは、子供たちの確かな学力(知)健やかな体(体)豊かな心(徳)、の3つに関わるものであり、新学習指導要領では「改めて捉え直し」をして、いくつかの充実策をとった。

 

新学習指導要領における
充実策

充実策の第1は、「生きる力」を子供たちに育むために「何のために学ぶのか」という各教科等を学ぶ意義を子供と教師が共有すること。第2は、「何を学ぶか」という教育内容だけでなく、その内容を学ぶことで児童が「何ができるようになるか」という、育成を目指す資質・能力(三つの柱)を明確に設定し、指導すること。第3は、「人としてよりよく生きる力を育てるために」、特別の教科 道徳の新設。そして第4は、全教科等において「各学年の目標及び内容」を知識及び技能思考力、判断力、表現力等学びに向かう力・人間性等の三つの柱で再整理すること。これらにより、知・徳・体の全体にわたる「生きる力」の育成のさらなる充実を目指している。

 

水原教授のワンモア解説

受験生は、新学習指導要領における自分の教科の「各学年の目標及び内容」が、育成を目指す資質・能力(三つの柱)でどのように整理されているか、確実に把握しておくこと。

教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介