最新号特集ダイジェスト | 教職・一般・専門教養

教育制度改革関連トピック「チームとしての学校」

教育制度改革関連トピック「チームとしての学校」
中教審答申「チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について」2015(H26)年12月
(出る度★★★)

できた背景

子供たちに必要な資質・能力を育むために「社会に開かれた教育課程」の理念の下、「アクティブ・ラーニング」「カリキュラム・マネジメント」を実現する組織体制が必要。
一方で、教育課題が複雑・多様化し、学校や教員だけでは十分解決することができない課題も増えており、専門家や外部機関との連携も必要。

書いてあること

校長のリーダーシップの下、教員や学校内の多様な人材が専門性を発揮するという「チームとしての学校」像を示している。
チームとしての学校を実現するための3つの視点を提示している。

教育に与えた影響

心理や福祉の専門家、部活動の指導・引率をする部活動指導員の配置の充実を提言。これを受け、学校教育法施行規則が一部改正され、部活動指導員が制度化された(2017年4月施行)。

 

【実施問題】(鹿児島県 2017年夏実施)
次の文は、「チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について(答申)」の一部である。(   )に適語を入れよ。

これからの教育課程には、教育が普遍的に目指す根幹を堅持しつつ、社会の変化に目を向け、柔軟に受け止めていく「社会に開かれた教育課程」としての役割が期待されている。この理念を実現していくためには、各学校において、「アクティブ・ラーニング」の視点を踏まえた指導方法の不断の見直し等による授業改善と、「( ① )・マネジメント」を通した組織運営の改善に一体的に取り組むことが重要である。
さらに、コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)や様々な地域人材等との連携・( ② )を通して、保護者や地域の人々を巻き込み教育活動を充実させていくことも求められている。(中略)
以上のような状況に対応していくためには、個々の教員が個別に教育活動に取り組むのではなく、校長のリーダーシップの下、学校の( ③ )を強化し、組織として教育活動に取り組む体制を創り上げるとともに、必要な指導体制を整備することが必要である。

【解答】①カリキュラム ②協働 ③マネジメント

教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介