教職探検隊

学校にまつわる謎を解け!教職探検隊「授業以外の教師の仕事」

このコーナーは、学校や教育にまつわる、知っていそうで知らない素朴な疑問を解き明かすもの。編集部による「探検隊」が、教職のプロ・高野敬三先生の元へ「遠征」します。
今月の謎は「授業以外の教師の仕事」。遠征を通じ、探検隊員らは、教師の仕事は実に幅広いということをつかんだようです。

監修 高野 敬三(明海大学副学長)
1977年に都立高校英語科教員となる。都教育委員会理事、都教職員研修センター所長、都教育監などを歴任し、2016年より現職。

 

学校には必ず「校務分掌」がある

(以下 高=高野先生、隊=探検隊員)
隊1・2:高野先生こんにちは。本誌が出るころには、もう2月も半ば過ぎ。年度の終わりが見えてきましたね。
高:早いものだね。光陰矢のごとしとはこのことだ。年度末は、学校現場が最も忙しくなる時期の一つ。特に、受験生を抱える学校は、児童生徒の進路相談も頻繁に行わなければいけない時期だね。
隊1:進路相談、僕もお世話になりました! あこがれの教職探検隊に入れたのも、当時の担任の先生のアドバイスがあったからですよ。感謝してます。
隊2:そんなニッチな進路相談、先生はよく聞いてくれたよね……。
高:ははは。そりゃあ、進路指導部では、頭を抱えたことだろうね。
隊1:「進路指導部」? 僕は、担任の先生にしか、進路相談をしてませんよ。
高:話は、担任の先生お一人が聞いてくれたのだろう。でも、学校には必ず「校務分掌」があり、学校の進路相談は「進路指導部」の先生方全員で協力して行っているはずだ。
隊2:同じ「校務分掌」の先生方で力を合わせることで、よりよい指導ができるということですね。
高:その通りだ。

 

校務分掌の種類

隊1:校務分掌って教採の勉強をしているとよく聞くけど、進路指導部以外にはどんなものがあるんですか。
高:学校によって違うよ。どんな校務分掌を設けるかは、子供を育てるためにどんな指導が必要かを考えて、校長が決める。でも、どの学校でも、次のような校務分掌はだいたい置いているはずだ。

●教務部:授業計画や時間割を作り、試験をいつやるか計画を立てる。
●生徒指導部:生徒指導を行う。
●進路指導部:進路説明会や進路相談を行ったり、キャリア教育に関して外部の人を招いた講演会を企画したりする。
●保健部:健康診断や歯科検診、体力測定の計画を立てたり、健康に関するイベントを企画したりする。
●図書部:図書館にどんな本を購入するか決まる。
●広報部(高校):学校見学会や授業参観日を企画したり、中学校に出向き、生徒募集のための案内をしたりする。

隊2:いろいろあるんですね。先生方の配置はどうやって決めるんですか。
高:これも校長の裁量だ。先生の年齢や特性、さらにはその先生が今後伸ばしていくべき点も踏まえて決めるよ。
隊1:へー。先生の仕事は幅広いんですね。

 

「学年」「委員会」の仕事もある!

高:うん。しかし、先生の仕事はこれだけではないぞ。校務分掌は、学年の枠を超えて先生方を配置する。これは、いわば組織の「縦糸」だ。一方、先生は必ずある「学年」に所属することになる。これは組織の「横糸」のようなものだ。
隊2:学年の仕事には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
高:これも、以下のように、」いろんなものがあるぞ。

●新入生歓迎会の調整
●修学旅行の企画・運営
●文化祭や合唱コンクールの段取り
●移動教室の企画・運営

隊1:どれも僕が学校で楽しみにしていたものばかり!
隊2:学年の先生方がいろいろ考えてくれていたんですね。
高:そうだね。ここまでは、学校内部における先生の役割を見てきた。これらに加え、学外にも関わる仕事もある。
隊1:どんな仕事でしょうか。
高:「委員会」だ。例えば「PTA委員会」になれば、保護者の方と会合の企画や運営を行う。「安全委員会」になれば、地域の方と協力して子供たちの登下校の見守りなど安全を守るための活動を行う。これらも、校長が組織や人員を差配するんだ。
隊2:中高になれば、これに部活動も加わることになりますね。
高:その通りだ。まとめると教員の授業以外の仕事は、「校務分掌」「学年」「委員会」「部活動」の4つに分けられるね。
隊1:4つもあると大変そうですが、先生は経験なされてどうでしたか?
高:うん。僕の場合、初任時には一年生の副担任だった。校務分掌は生徒指導部に配属され、学年の仕事は学年通信の発行を任された。部活はバスケットボール部と、未経験の登山部。若くて体力もあったから、運動部での指導力を期待されたんだと思う。はりきってやったよ。けど、それぞれの仕事で会議があって、ペーパーをつくる時間も結構とられた。
隊2:一人何役もやって、とても忙しそう。
高:慣れないうちは、とても忙しく感じたよ。でも、学ぶことも多かった。
隊1:具体的にはどういうことを学ばれたのでしょうか。
高:校務分掌や、委員会といったものは、必要があって設置されていることが肌身で理解できた。熱意をもって仕事に当たれば、必ず成果を得られることが分かったよ。
隊2:どの仕事も、何らかの意義があるということですね。
高:そう。逆に、仕事の意義を考えず、ただ与えられた役割を「こなす」だけの教育は、子供たちにマイナスの影響しかないことも実感した。今日見てきた仕事は、何をするにつれても、公金=税金を使うことになる。組織の一員として、そんな無駄なお金の使い方をすることは許されないという自覚も芽生えたよ。教員志望者にも、ぜひ覚えておいてもらいたいね。

 

教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介