教職・一般・専門教養

志望自治体攻略のツボ ①教育方針 ②いじめ ③人権 ④学力

合格したければ、志望自治体を分析せよ!

民間企業の就職活動で、就活生が必ずやることがあります。「企業研究」です。企業の歴史から経営理念、事業内容、競合他社との比較、主な所在地などを調べ、その企業の強みや課題を把握・分析し、入社後にその会社でやりたいことを明確にしてから、試験に臨みます。採用する企業側から見ると、企業研究をしてきた学生は、熱意があるだけでなく、将来、会社で成し遂げるかビジョンが明確で、安心して採用することができます。
一方、教員採用試験では、試験で高得点を取ることばかりに意識が向き、志望自治体についてあまり調べていない受験生も少なからずいます。自治体にとって、そうした人物は、筆記試験が優秀でも採用を躊躇せざるを得ません。なぜなら、自分が生涯働く場所について何も調べないで試験に来る人物が、他人を教えることなどできるとは、到底考えられないからです。

 

志望自治体の分析はあらゆる場面で役立つ

編集部は、合格するためには、教員採用試験でも、民間の「企業研究」同様、志望自治体の「研究」が欠かせないと断言します。特に、志望自治体の①教育方針、②いじめ、③人権、④学力、の4つについては、確実に押さえておくべきです。なぜなら、志望自治体のこれらの4つは、筆記試験のローカル問題でよく問われるだけでなく、二大特集1で見た願書の作成や、面接・論作文の回答におけるまで、ありとあらゆる場面で役に立つからです。
しかし、志望自治体について調べるべきと言われても、どこから手をつけたらよいか分からないという受験生がほとんどです。そこで今号の二大特集2では、どの資料をどのように読み解いていけばよいのか分かりやすく解説していきます。本特集を読めば、きっと、試験官に「ぜひ我が自治体にほしい人物だ」と思わせるような受験生になれるはずです!

 

INDEX
1 志望自治体の「教育方針」
2 志望自治体の「いじめ対策」
3 志望自治体の「人権教育」
4 志望自治体の「学力」
特別編 一般教養にもある志望自治体攻略のツボ

志望自治体の「人権教育」、志望自治体の「学力」、そして特別編は

本誌『教員養成セミナー2018年4月号』をご覧ください!

←画像をクリック

教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介