映画・ドラマに学ぶ教育の本質 | おすすめDVD

『グッド・ウィル・ハンティング』

1997 年/アメリカ/ 127分
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:ロビン・ウィリアムズ、マット・デイモン、ベン・アフレック 他

友との出会いが人を生かし、人生を変える

吉田 和夫(玉川大学教師教育リサーチセンター客員教授/教育デザイン研究所代表/元東京都公立中学校長)

年齢を超えた友情、階層や能力を超えた友情、立場や役割を超えた友情の姿がこの『グッド・ウィル・ハンティング』には散見されます。
マサチューセッツ工科大学(MIT)での生活のために清掃員のアルバイトをするウィル・ハンティング(マット・デイモン)は、天才的な数学の才能をもつ青年。しかし、彼の幼いころからの暗い生い立ちが、トラウマとなり、生活や精神の荒れを生み、悪友とつるんでは暴力沙汰などの問題を起こし、警察の世話になることもしばしば。そんなウィルはMITの著名な数学教授ランボー(ステラン・スカルスガルド)が廊下に出題した難問を解いてしまいます。解いた学生を探すランボーですが、やがて清掃員のウィルがその問題を解いたと分かります。
拘置所にウィルを訪ねたランボーは、釈放のための身元引受人になる条件を2つ提案します。まず、週2回研究室で数学を学ぶこと、そして週1回セラピストからセラピーを受けることです。
数学の学習でめきめき力を伸ばすウィルですが、セラピーでは、まったく心を開こうとせず、カウンセラーを馬鹿にし、からかう始末。困ったランボーは大学時代の友人、ショーン・マクガイヤ(ロビン・ウィリアムズ)にウィルの心を解き放つという最後の期待をかけます。最愛の妻との死別から立ち直れず、心に傷をもつショーンはセラピストとしてより一人の人間として、ウィルの言葉や態度を真正面から受け止め、対応します。やがてウィルの心は少しずつほぐれ始め、バーで知り合ったハーヴァード大学の女子学生スカイラー(ミニー・ドライヴァー)との出会いもあり、少年期に虐待された経験で閉じた心を次第に開いていきます。
人は人によって酷い目にあうこともあります。いじめや戦争がそうです。しかし、人によって支えられ、人により気付かされ、人との関係で変わること、そして何よりも自分の心に素直になり、人を愛するようになることで、新しい人生を生み出します。そのような存在こそが「友」なのだと教えてくれる映画です。

教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介