模擬授業

教員採用試験 面接タイプ別攻略法 ② 模擬授業

2014年度に模擬授業を実施した自治体は54。

“実践的指導力”が見られるだけに、しっかり準備と練習を重ねておきたいところです。

201507_p010_1

 

大まかな流れ

模擬授業のやり方は、自治体によって異なります。

課題を当日に示す自治体もあれば、事前に示す自治体もあります。

また、個人面接の中で行う自治体もあれば、集団面接の中で行う自治体もあります。

自分が受験する自治体がどのような形式で模擬授業を行うか、事前にしっかりと確認をしておきましょう。

課題を当日示す場合は、受験生には構想時間が与えられるので、その時間を使って授業の流れを考えます。

その後、教壇に移動して模擬授業を行います。面接官が児童生徒役をするかどうかは、自治体によって異なります。

終了後は、授業の内容について、面接官との質疑応答が行われることもあります。

なお、構想と模擬授業はそれぞれ制限時間があり、それを過ぎると強制的に終了させられるので注意が必要です。

 個人・集団面接の攻略法

場面指導の攻略法

集団討論の攻略法

 201507_hyoushi

模擬授業の「攻略のポイント」「必要な事前準備」「NGとなる言動」について詳しく知りたい方は、本誌『教員養成セミナー2015年7月号』をご覧ください!

 

←画像をクリック

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご案内