最新号特集ダイジェスト | 教職・一般・専門教養

いよいよ本格稼動「特別の教科 道徳」はココを押さえろ

試験での「狙い撃ち」に備えよう!

教員を志望する方なら、2018(平成30)年度より、小学校でいよいよ「特別の教科 道徳」が全面実施されることは、当然押さえていることでしょう(中学校は平成31年度より)。現在、どの自治体でも、検定教科書の採択など、教科化にあたっての準備に追われています。また、現場の先生方も授業の実践方法の研究など準備に余念がありません。
来年度以降に教員になる人は、まさに「現在進行形」で進んでいる「特別の教科 道徳」の実践現場に、いきなり飛び込んでいくことになります。そうした中、各自治体が志願者の「特別の教科 道徳」に関する知識や理解をより厳しくチェックしようとするのは自然のなりゆきと考えることができるでしょう
一方で、多くの受験者にとっては、学校現場での実践や取り組みはなかなか見えづらく、どんな知識や資質を求められているのかを想像するのは容易でありません。

「教科書」を見れば「道徳」が見える!

そこで今号では、「特別の教科 道徳」の基礎を押さえるとともに、その検定教科書の編集長にインタビューし、学習指導要領で示された目標や内容がどのように落とし込まれているのかを教えてもらいました。
検定教科書を通じて見えてきたのは、実践的な道徳の知識や、授業の展開などです。マスターすれば、筆記試験だけでなく、面接・論作文でも役に立つこと間違いありません!

★11月号の特集2「いよいよ本格稼動「特別の教科 道徳」はココを押さえろ」のダイジェストはこちら

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご案内