教職探検隊

学校にまつわる謎を解け!教職探検隊「先生のキャリア(人生)」

このコーナーは、学校や教育にまつわる、知っていそうで知らない素朴な疑問を解き明かすもの。編集部による「探検隊」が、教職のプロ・高野敬三先生の元へ「遠征」します。
今月の謎は「先生のキャリア(人生)」。先生の仕事場は学校というイメージが強いようですが、必ずしもそうとは言い切れないようです。

監修 高野 敬三(明海大学副学長)
1977年に都立高校英語科教員となる。都教育委員会理事、都教職員研修センター所長、都教育監などを歴任し、2016年より現職。

教員は一生学校にいるわけではない

(以下 高=高野先生、隊=探検隊員)
隊1・2:高野先生、こんにちは! 教職探検隊です。
高:やあ、探検隊の諸君、こんにちは。1ヵ月ぶりだね。
隊1:はい。先月は「先生の役職」について教えてもらいました。
隊2:校長先生の下に副校長、教頭、主幹教諭、指導教諭といったいろんな管理職の先生がいることが分かり、勉強になりました。
高:そうかい。それはよかった。
隊1:一教諭として子供に教えるのも、管理職になって学校経営に携わるのもどちらもやりがいがありそう。学校は、まさに先生の一生の仕事場で、成長の舞台なんですね。
高:うーん。それは半分正しくて、半分間違いかな。僕が教員志望者の学生諸君にいつも言うのは「教員は学校に一生いるわけではない」ということだ。
隊2:えっ? どういうことですか? 先生なのに学校でないところで働く人もいるんですか。
高:そうなんだ。じゃあ今月は、教員になると、どんなキャリアを送る可能性があるのかを話すとしようか。
隊1・2:はい。お願いします!

 

 「うれしいような、寂しいような」指導主事への出世

高:全国の都道府県や市区町村には、教育委員会があることは当然知っているよね。
隊2:はい。「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」で設置することになっていましたよね。
高:そうだ。同法第2条で教育委員会を置くことが義務付けられている。また、同法の第18条では、教育委員会の事務局には、公立学校の教育課程や学習指導などを行う「指導主事」を置くこと、さらに指導主事は教育に関する見識と専門的事項について教養と経験がある者でなければならないと定められている。この指導主事には大学以外の公立学校の教員をあてることができるとされているんだ。
隊1:分かった! ということは、先生から教育委員会の職員になる人がいるということですね。
高:その通りだ。今日は勘がいいようだね。指導主事になる方法だが、試験を設けている自治体もあるし、教育委員会の偉い人が有能な教員に声をかけて採用している自治体もある。
隊2:有能な人が求められるということは、つまり「キャリアアップ」ということになりますね。でも、一度指導主事になったら、もう学校現場には戻れないんですか?
高:そんなことはない。その後、管理職として学校現場へ戻ることもある。もっとも中には教育委員会に残って指導部長や教育委員会理事などになって、キャリアを全うする人もいる。実は私がそうなんだ。
隊1:そうだったんですね! 指導主事にキャリアアップした当時は、喜びも大きかったでしょうね。
高:うーん。人それぞれだと思うけど、私の場合は正直微妙だったな。教育委員会に行けば、子供たちと接する機会は当然減ってしまうから、その点は寂しく感じたなあ。「うれしさ半分、寂しさ半分」といったところかな。

指導主事のやりがい

隊2:ところで、指導主事の先生って何人くらいいるんですか?
高:自治体によって違うよ。東京都の場合だが、都教育委員会に200人以上、 62ある区市町村の教育委員会に250人以上の指導主事がいるよ。
隊1:ヘー、どんな仕事をしているんですか?
高:それも実にさまざまだ。学校現場を視察し、教育課程をチェックしたり、先生方の授業にアドバイスをしたりするため、「先生の先生」と呼ばれることもある。このほか、教員の研修センターで指導をしたり、教育行政に関する調査をしたり、統計資料をつくったり、ときには議会答弁をつくったりすることもある。社会の変化を踏まえ、地域がどんな教育を求めているかを探り、教育行政の立案をするんだ。「指導主事になる=転職」と言われるほど、やる仕事は変わるよ。
隊2:とっても幅広い仕事なんですね。先生は、指導主事をなされていたとき、どんなところにやりがいを感じましたか?
高:いろいろあるが、現場の教員とは違うスケールで物事を考える必要があったな。例えば、現場の教員は、勤務校や担任のクラスの子供たちに大きな影響を与える。君たちも学校に通っていたころに、大きな影響や感銘を受けた先生は記憶に残っているのでは?
隊1:はい。特に悪いことをしたときに本気で叱ってくれた先生には、今ではとても感謝しています!
高:君の場合はいろいろ叱られていそうだね。そう、子供を導くのが現場の教員の仕事だとしたら、指導主事の仕事は「子供を導く教師」を導くこと。仕事を通じて、その自治体の教育全体をよくすることができることに、最大のやりがいを感じたね。僕の経験を話すと、高校英語ではネイティブの指導が必要だと考え、全公立高校に1人ずつ配置した。こうした施策が、子供たちの英語力向上につながったと感じたときは、とてもうれしいものだった。
隊2:現場を見る先生と、地域全体の教育を見る指導主事の先生がいて、教育全体が成り立っているんですね。
高:まさにその通り。車の両輪のように、どちらか一方だけでは、地域の教育は成り立たないんだ。受験生の皆さんの中には、一生現場の先生をやりたいと考えている人もいるかもしれない。しかし、広く物事を見てよい教育を実践したいと思うなら、いろんな立場を経験するのも一つの手だろう。教員になったら、臆せずに新しい仕事にもどんどん挑戦していってほしいね。
隊1・2:教員にはいろいろな活動の場があって、キャリアの可能性も幅広いということが分かりました。高野先生、どうもありがとうございました!

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介