最新号特集ダイジェスト | 『教セミ』流学習法 | 教職・一般・専門教養 | お知らせ

最新試験ベースの誌上模試に挑戦!教育心理

教育心理 初級問題

1 次の文は、 評価について説明したものである。(  )に入る適語の正しい組合せを選べ。(千葉県・千葉市)

 ブルーム(Bloom, B.S.)は、 評価の機能について、教育活動の過程に応じて、( ① )( ② )( ③ )の3つに分類した。( ① )とは、 ある数育活動の開始前に評価を実施し、 学習の前提となるレディネスが事前に形成されているかどうかを把握、 判断し、 教育的な決定に活用するものである。( ② )とは、教育プログラムの開始後、教育目標に応じた成果が得られているかについて、指導過程の途上で適宜把握、判断し、その結果をそれ以降の教育、学習活動の計画に活用していくような評価を指す。( ③ )とは、一定の教育活動が終了した際に評価を実施し、教育実践や学習活動を全体として反省的に把握するためのものである。

(1) ①診断的評価 ②形成的評価 ③総括的評価
(2) ①総括的評価 ②診断的評価 ③到達度評価
(3) ①到達度評価 ②形成的評価 ③診断的評価

 

2 マズローの欲求階層説について、正しいものの組合せを選べ。(神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市)

① 最も低次の欲求は「安全の欲求」であり、安全性、よい健康状態の維持など、予測可能で秩序だった状態を得ようとする欲求のことをいう。
② 「所属と愛情の欲求」とは、人に愛されたい、仲間がほしいという欲求であり、これが満たされないと非社会的・反社会的行動を引き起こす可能性がある。
③ マズローは、人間の欲求は低次の欲求が満たされていなくても、年齢が上がるに伴って高次の欲求が順に現れると提言している。
④ 低次の欲求は欠乏欲求と呼ばれ、一般に他者によって実現されるものであり、高次の欲求は、成長したいという動機づけによって行動に駆り立てられるものであると考えられている。
⑤ 最も高次の欲求は「自立の欲求」であり、自分の可能性を発揮し、具現化したいという欲求のことをいう。

(1) ①②  (2) ③④  (3) ③⑤

 

3 ピアジェの思考発達段階について、その各段階と説明の正しい組合せを選べ。 (京都市)

(1) 感覚運動期………形式的、抽象的操作が可能になり仮説演繹的思考ができるようになる。
(2) 前操作期…………他者の視点に立って理解することができず、自己中心性の特徴を持つ。
(3) 具体的操作期……感覚と運動が表象を介さずに直接結び付いている時期である。
(4) 形式的操作期……数や量の保存概念が成立し、可逆的操作も行える。
(5) 抽象的操作期……具体的な現実に縛られることがなく抽象的に考えることができる。

 

4 次の文の(  )に入る適語の正しい組合せを選べ。(福岡市)

 カウンセリングにおいて、カウンセラーはクライエントとの( ① )を作ることが重要である。カウンセラーはクライエントに( ② )性や( ③ )性を持つことができる( ① )をつくっていく。( ② )はクライエントの感情や行動を評価するのではなく、事実として認めることであり、( ③ )は、相手の気持ちになりそれを心で感じることである。( ① )が形成された中でカウンセラーが( ② )的、( ③ )的な態度で話に耳を傾け、クライエントは安心して話をすることができる。カウンセラーがクライエントに( ② )性や( ③ )性をもつことができる( ① )のことを( ④ )という。

(1) ①アセスメント ②恒常 ③非言語 ④見立て
(2) ①信頼関係 ②共感 ③受容 ④アタッチメント
(3) ①愛着 ②非言語 ③恒常 ④ラポール
(4) ①信頼関係 ②受容 ③共感 ④ラポール
(5) ①愛着 ②共感 ③非言語 ④アタッチメント

 

 

教育心理 解答&解説
1 (1) ⇒学習の過程に従って、学期の始めは診断的評価、途中は形成的評価、最後は総括的評価というように、この順序で覚えることが必要である。
2 (3) ⇒①最も低次の欲求は「安全の欲求」ではなく「生理的欲求」。②「所属と愛情の欲求」が満たされないからといって、それが非社会的あるいは反社会的行動を引き起こすとはいえない。④欠乏欲求は、必ずしも他者によって実現されるとは限らない。
3 (2) ⇒(1)仮説演繹的な思考が可能になるのは形式的操作期。(3)感覚と運動が直接結び付いているのは感覚運動期。(4)保存概念が獲得できるのは具体的操作期。(5)一般的に抽象的操作段階というのはない。
4 (4) ⇒カウンセリングを行う根底には、カウンセラーとクライエントの間に相互信頼の関係、すなわちラポールが形成できていることが必要。

 

問題はこのあと中級問題、上級問題と計8問あります。

このつづきは、

本誌『教員養成セミナー2017年10月号』をご覧ください!

←画像をクリック

※誌上模試の結果を踏まえての対策法はこちら

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご案内