『教セミ』連載 | 最新号の内容

学校にまつわる謎を解け!教職探検隊「先生の役職」

このコーナーは、学校や教育にまつわる、知っていそうで知らない素朴な疑問を解き明かすもの。編集部による「探検隊」が、教職のプロ・高野敬三先生の元へ「遠征」します。今月の謎は「教員の役職」。「校長」「教頭」「学年主任」などは聞いたことがあるかもしれませんが、ほかの先生との違いは何なのでしょうか。

監修 高野 敬三(明海大学副学長)
1977年に都立高校英語科教員となる。都教育委員会理事、都教職員研修センター所長、都教育監などを歴任し、2016年より現職。

 

教員の「役職」は複雑

(以下 高=高野先生、隊=探検隊員)
隊1・2:高野先生、初めまして! 教職探検隊と申します。今日は教員の役職について知りたくて来ました。よろしくお願いします。
高:やあ、こんにちは。教員の役職についてだね。これは、教員採用試験でも問われることがあるし、何より自分の将来を考えることにもつながるからとっても重要だ。しかし、教員の役職はすごく複雑。少々やっかいだから、心しておくように。
隊1:えー!? 「やっかい」なんですか。じゃあこのテーマはやめておこうかな……。
高:こらこら、そんなことでどうする。くじけやすい性格のようだから、易しいところから話していくとしよう。複雑とは言ったが、今から十数年前までは、教員の身分は大きく分けて3つしかなかった。まずトップは、学校の管理者であり最高責任者である「校長」、次が校長を助けながら児童生徒の指導も行う「教頭」、そして現場で指導する「教諭」だ。校長と教頭の法的な位置付けは覚えてるかい?
隊2:えーと確か……、校長先生は「校務をつかさどり、所属職員を監督する」、教頭先生は「校長を助け、校務を整理し、及び必要に応じ児童の教育をつかさどる」でしたっけ?
高:そうだ。学校教育法第37条で規定されている。つまり学校は、校長と教頭が学校の「校務」を行う役職者で、あとの教諭は勤務年数に関係なく身分上は皆同列。「鍋のふた」のような組織だったんだ。
隊1:えー、民間企業は社長、部長、課長、係長とか、たくさん役職があるのに、学校は違ったんですね。
高:そうなんだ。ただ一方で、そう単純と言い切れないところもある。「主任制度」というものがあるんだ。これは、明治期に自然発生的にできたもの。具体的には、同学年の先生をまとめる「学年主任」、学校のカリキュラムを立案する「教務主任」などがある。1975年になって学校教育法施行規則が改正され、正式な制度となり、主任には手当ても出るようになった。ただし、主任は校務の役割を示したもので、教員の身分ではないということに注意が必要だ。


隊2:「主任」は聞いたことがあります。今もありますよね。
高:そうなんだけど、こいつがまた複雑なんだ。「主任」については後で説明しよう。話を戻すよ。今の教員の役職だが、2007年に学校教育法が改正され、校長の下には「副校長」を置くことができ、教頭の下には「主幹教諭」「指導教諭」を置くことが可能となった。

隊1:なぜこのような役職ができたんですか?
高:鍋ぶた型の組織だと、学校の管理者は校長と教頭しかいない。校長の意向を徹底して教職員に伝えるために、校長を助ける管理者の人数を増やす必要があるという意見があったんだ。これを受け、東京都は、2004 年から副校長を置くなどしていた。国は、都を後追いする形でこうした役職を全国で置けるよう法改正したんだ
隊2:へー、いわゆる「中間管理職」の身分ができたということなんですね。
高:そうなんだ。管理職手当も出しているよ。学校教育法上の役職の位置付けを1つずつ見ていこう。まず副校長は「校長を助け、命を受けて校務をつかさどる」、つまり校長の代理ができる権限を持っている。主幹教諭は校長の補佐的存在で「校長(副校長を置く場合は校長及び副校長)と教頭を助け、命を受けて校務の一部を整理する」とされている。指導教諭はほかの教職員を指導する役職で「教諭その他の職員に対して、教育指導の改善及び充実のために必要な指導及び助言を行う」とある。2番目の主幹教諭の具体例としては、「学年主幹」や「教務主幹」などがある。東京都の高校の場合を例にすれば、以下の6人は置くよう指導している。

・ 学年主幹(1学年1人×3=3人):同学年の先生のリーダー
・ 生活指導主幹:生徒指導をする先生をまとめる
・ 進路指導主幹:進路指導をする先生をまとめる
・ 教務主幹:学校のカリキュラムをまとめる

隊2:あれ? これって主任制度の「学年主任」「教務主任」とかと似てるけど……。
高:よく気がついた。2007年の法改正で、これまでの「主任」に代わる「主幹教諭」を導入して、校長(副校長)・教頭と一般教諭の間の役職を位置づけたというわけだ。ところが、複雑なのが、副校長や主幹教諭などを置くのは「マスト」ではないということ。役職ではない「主任」を置いている自治体もまだあるんだ。また、主幹教諭を置いている場合でも、前例にならって学年主幹を「学年主任」、教務主幹を「教務主任」と言っていることも多い。保護者の方には「主任」の方がなじみがあるからね。

若返りつつある学校組織

隊1:教員の役職にいろんな種類があることは分かりました。でも、どうやったら役職につけるんですか?
高:一般の会社でも昇進試験を設けているところが多いけど、学校でも同じだ。自治体が定める経験や条件を満たせば受験資格が得られる。筆記や面接、論作文などの試験に合格すれば、まずは主幹教諭になる。教頭、副校長、校長になる際も同様だよ。
隊1:へー、教頭や副校長、校長になるまでは、とっても長い道のりになりそう。
高:いや、そんなことないんだ。今、教員は団塊の世代の退職が続き、役職者の年齢も下がっている。自治体や校種によって違いもあるけど、40歳くらいで副校長、49歳くらいで校長になる人もいるよ。
隊2:えー若い! 昔は校長先生っておじいちゃんってイメージだったのに。
高:一生現場で教えていたいという人もいるし、役職を目指すかは個人の考え方次第。けど、自分の理想とする教育や学校経営を広く実践するなら、役職につくべきだと僕は思っている。気がついたら、受験資格の年齢制限を過ぎてたなんてことになりかねない。受験生の皆さんには、試験勉強が終わったら、教員としてのキャリアプランを頭に描いてほしいね。
隊1・2:教員の役職って奥が深いんですね。高野先生、今日はありがとうございました。

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご案内