最新号特集ダイジェスト | 『教セミ』流学習法 | お知らせ

合格へのダンドリ3・受験生ライフの「秘訣」を知る

教員採用試験で問われるのは、学習で得られる知識だけではありません。その人の教員としての「資質」も重要です。
資質を高める受験生ライフを送る秘訣を紹介します。

 

秘訣1
「きょう」から規則正しい生活を!

就活=短距離走、教採=マラソン

教員採用試験の合格者に共通していることの1つに、「生活習慣の乱れがない」ということがあげられます。朝は寝坊せず決まった時間に起き、毎日決まった時間に勉強し、夜も夜更かしせず睡眠時間を確保する。不思議なことに、合格者の多くはこうした生活を送っています。
一般的に、民間の就職活動の場合、学生は同時期に何社もの試験を受けます。試験直前に短時間の企業研究で知識を詰め込み、合格を勝ち取るパターンもめずらしくはありません。1社当たりに使う時間は比較的短く、さながら短距離走のようです。
一方、教員採用試験は、受験できる自治体は多くても2〜3ほど。徹底的に自治体に合わせた対策をする必要があり、さながらマラソンのような長丁場の戦いになります。マラソンでは同じペースを保って走った方がよいのと同様、教員採用試験も毎日同じ分量だけ学習したほうが効率的なのです。
大学生の中には、日常生活が乱れている人も少なくないかもしれません。しかし、教員になったら、朝型の生活が求められます。不規則な生活は昨日で終わり。本誌を手にした今日が、まさに規則正しい生活を始める千載一遇のチャンスです。今すぐに実行にうつしましょう!

 

このつづきは

本誌『教員養成セミナー2017年9月号』をご覧ください!

←画像をクリック

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご案内