最新号特集ダイジェスト | 教職・一般・専門教養

悩ましい教育時事のローカル問題 5日間・7ステップで攻略!

教育時事の「ローカル問題」は、どのように対策すればよいのでしょうか。編集部が独自に編み出した攻略法を紹介します。

1日目: 分 析

STEP 1 受験自治体の出題状況を知る

ローカル問題は、たくさん出す自治体もあれば、全く出さない自治体もあります。徒労に終わらないためにも、まずは受験自治体の出題状況をチェック。P.052〜053に、過去5年間の出題状況を自治体別にまとめましたので確認してみてください。
ローカル問題がよく出題され、引用される資料も多岐にわたっている場合は、出題の見通しを立てにくいものがあります。一つの目安として、全国的な出題状況に目を通し、どの分野の資料がよく出題されているかを確認しておくようにしましょう。

 

STEP 2 受験自治体の過去問を解く

受験自治体の出題状況を確認し、ローカル問題が出ていることを確認したら、まずは過去問を解いてみましょう。最初は解けなくても構いません。まずは自力で解いてみて、どのようなローカル問題が出されているのか、感触をつかんでください。教育時事の学習をしっかりと積んできた人であれば、その知識でもって解ける問題もあるはずです。

 

STEP 3 出題のされ方を把握

STEP2で問題を解き、答え合わせをしたら、右の表にあげた点を確認してみてください。この作業は、ローカル問題に限らず、教職教養全般の対策においても大切です。この傾向を把握することで、以降の学習方針が立てやすくなります。

 

STEP4以降は、

本誌『教員養成セミナー2017年8月号』をご覧ください!

←画像をクリック

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご案内