合格者体験談

虎バン実況アナの教採合格奮闘記 第4回(最終回) 勝負〜合格への道、これから歩む道〜

タイガース戦や夏の甲子園大会の実況を務めるなど、朝日放送のアナウンサーとして活躍していた清水次郎さん。2016年夏の教員採用試験に合格し、2017年4月から高校の教師として教壇に立たれます。教師を目指した経緯、教職への思いなどを計4回にわたって語っていただきました。今回が最終回です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

清水 次郎 元朝日放送アナウンサー
1971年東京都狛江市出身。早稲田大学第一文学部卒業後、朝日放送に入社。阪神タイガース戦をはじめ、スポーツ実況等を担当。2016年6月に退社後、兵庫県の教員採用試験に合格。2017年春から高校の地理歴史科教諭として赴任予定。

一般教養は出題範囲が非常に多岐に渡るため、7月末に行われる兵庫県の1次(筆記)試験を4月からの対策で全てをカバーしようとするのは無謀でした。そこで、例年よく出題される科目のうち、「大の苦手な数学の底上げを図って減点を減らし、得意と思える英語で取りこぼしをしない」という作戦を立てました。専門の地歴系以外では、国語系はほぼ漢字だけ、理科系は一応のおさらい程度、情報系はほぼエクセルだけ、出ても1〜2問の音楽・美術系は出たとこ勝負、としました。「2ストライクまで追い込まれたら、全球種への対応準備ではなく、どれか1球種に絞って待ち、それ以外の球が来たら三振で構わない。その代わり狙い球が来たら必ず仕留める」という、プロ野球の好打者から学んだ「割り切りの重要性」を試験対策に用いたわけです。

あくまで苦肉の策なのでお勧めはできませんが、あと4カ月と「追い込まれた」状況下で、それ以外の案は浮かびませんでした。英語については多くの問題に触れて一定の力を保持しつつ、数学については大人向けに出されている薄めの問題&解説書で中1レベルの初歩から取り組んで弱点を自覚し、予備校等が開く短期講座で数学の先生に直に質問するという手順で苦手の克服を図りました。結果を言うと、本番では英語と数学は全問正答でしたので、一応の効果はあったと言えるかもしれません。

皆さんに、ぜひ試してみていただきたいのが、「過去形の魔法」です。ロンドンオリンピックで金メダルをとったボクシングの村田諒太選手が、大会の前から奥様が冷蔵庫に貼った「金メダルを取れました、ありがとうございました」という紙を毎日見て、実際にそれを叶えたという話を知り、真似をしたのです(笑)。詳しいことは分かりませんが、そうした行為は脳に良い影響を与え、目標に向かう気持ちが強くなるのだそうです。私も勉強机の前の壁に「教員採用試験、合格しました!」+感謝の言葉を書き、毎日それを見ながら喜びと感謝に浸るようにしていました。

そして試験当日、5歳の長男が「お父さん、頑張ってね」と、絵を描いて渡してくれました。感動しながら見てみると、楽しそうに滑り台をすべり降りている絵ではありませんか! 苦笑いしつつも、その滑り止め(?)のお守りを受験票と一緒にカバンに入れ、試験会場へと向かいました。

集団討論では「ここにいる全員が今の熱い気持ちのまま合格したら素敵だな」と心から思って参加したので、自然とそうした趣旨の発言が出てきました。2次試験の面接では、3回ほど「もう少し具体的に…」と言われて焦りましたし、想定外の質問に答えが詰まることもありました。でも、結局、想定問答を何度も何度も、これでもかと練り直しているときに考えたことや、日々勉強していたことが口をついて出てきたという実感があったので、合否はさておき、準備の量に比例した力が発揮されたのであろうと納得していました。そして9月末、「合格」を知ったときは、喜びよりも安堵、そして多くの方への感謝の気持ちが押し寄せたのを覚えています。

今は、4月からの教員生活に思いを馳せつつ、暗中模索ながら授業の準備をし、できるだけ多くの本を読もうと心掛けています。いざ教壇に立ったとき、良いことは良い、ダメなものはダメとはっきり言えるか、私の授業で皆が寝てしまわないか、保護者とはどう向き合えばよいか…。不安は尽きません。ただ、生徒全員が持って生まれた、人を笑顔にする力、人を幸せにする力、誰かの役に立つ力。これを一緒に探して、皆が自分らしい輝き方を見つけて巣立っていけるよう手伝いがしたい、話すよりも聴くのが上手な、先入観や決めつけのないまなざしを持った、そんな教師になりたい、と思ってワクワクもしています。

現実は夢想よりもはるかに厳しいでしょうし、壁にもぶつかると思いますが、「教師だって人間」と思い、今まで通り泣き言や弱音も吐きつつ、周りの人に助けていただきながら粘り強く挑戦していきます。日本の未来を担う高校生たちの貴重な3年間に、全力投球で向き合っていく覚悟です。皆様のお力になれたか自信はありませんが、ここまで読んでいただき、誠にありがとうございました!

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介