その他

第一印象を決める教員採用試験の願書用写真 スタジオ撮影vsスピード写真を検証!

毎年、この時期になると、リクルートスーツ姿の就活生を見かけるようになります。

時を同じくして、本誌『教員養成セミナー』の読者である教員採用試験の受験生も、いよいよ直前期に突入。対策に本腰を入れ始めています。

4月には、多くの自治体が願書(エントリーシート)の受け付けをスタートさせます。

志願書には、「履歴」や「志望動機」などを書くわけですが、忘れてはならないのがここに添付する写真。さえない写真を貼ると、評価に影響するなんて話もよく聞かれます。

とはいえ、最近はスピード写真も「美肌仕上げ」が登場するなど、品質が高まっていると聞きます。果たして、スタジオ撮影とどのくらいの違いがあるのでしょうか?

ということで、教員養成セミナー編集部では、「検証」をしてみることにしました。モデルになってくれたのは、首都圏の大学に通う福島美穂さん。

 

まずは、最近進化していると言われるスピード写真から。料金は800円。ものの数分で、写真が出力されてきました。パッと見の印象は…なかなかのもの。“美肌仕上げ”と、書かれているだけあります。

 

願書用の写真ならこれで十分なのでは……と思いつつ、続いては福島さんと共にスタジオへ移動。訪ねたのは、就活生向けのプランのある「フォトスタジオ・フォプロ」池袋店。スタジオは全国にあるとのことです。お店に入ると、スタッフさんが笑顔で出迎えてくださいました。

 

店内に入って、最初に目についたのは、着物やドレスなど華やかな衣装。

ph04

ph05

就活のスタート前は、まだリクルートスーツを持っていない人も多いらしく、そのために無料で貸し出しをしているとのこと。“至れり尽くせり”ですね。

さあ、いよいよ撮影へ。今回は、「教員採用試験にふさわしい1枚をお願いします!」とオーダーしました。このスタジオでは、さまざまな職種に合わせて、最適な1枚をコーディーネートしてくれるそうです。

1 カウンセリングシートの記入

まずは「カウンセリングシート」に、肌の悩みや髪の毛の質、体調などを書き込みます。このシートに記載された情報をもとに、メイクや髪型などを決定していきます。

ph06

 

2 メイク&ヘアスタイリング

続いては、メイクとヘアスタイリング。プロのメイクアップアーティストが、その人の顔立ちや雰囲気などを見ながら、最適なヘア&メイクを施してくれます。

さすがはプロのメイクさん。実に手際良くメイクを施し、福島さんの雰囲気がみるみる変わっていきます。

 

 

続いては、ヘアスタイリング。アイロンを使って、就活生にふさわしい髪型に仕上げていきます。

 

3 写真撮影

20分ほどで、メイク&ヘアスタイリングが完了!スタジオブースに移動して、いよいよ撮影本番です。今回、撮影を担当してくれるのは、フォトグラファーの深谷友太さん。とっても陽気で、サービス精神旺盛なお兄さんです。

ph09

 

撮影は、フォトグラファーの深谷さんが福島さんに、表情の作り方、視線の位置、体の傾きなどを細かくオーダーしながら進めていきます。この辺は、スピード写真にはない魅力ですね。

 

最初はやや緊張した面持ちだった福島さんも、次第にリラックスしてきた様子。笑顔も自然な感じになってきました。

 

4 セレクト&受け取り

約数分で、撮影が終了。その後、パソコンで撮影した写真を確認します。そして、6~8枚の中から好みの1枚を選び、肌の明るさや色味などを調整していきます。目の下のクマやニキビなどがある場合は、きれいに修整してくれるそうです。

出来上がった写真をメイク&ヘアスタイリング前に撮った1枚と比較すると…

Before After
◯髪の毛で顔が隠れていて、やや暗い印象に見える
◯笑顔がぎこちなく、自信がなさそうに見える
◯体全体が右に傾いていて、姿勢が悪く見える
◯髪型がきちんと整えられていて、清潔感のある印象に
◯自然で柔らかい笑顔になって好感度もアップ
◯腰から頭まで背筋が真っすぐ伸びていて、礼儀正しく見える

 

驚くほど印象が違いますね。ビックリ! パッと見ただけだと、同じ人には見えません。

 

恐るべし、撮影スタジオ!と言いたいところですが、すべてのスタジオがここまでやってくれるとは限りません。

近くのスタジオを探す場合は、フォトスタジオ・フォプロのように「就活用プラン」を用意しているスタジオを選ぶようにしましょう。

 

撮影を終えて一言(福島美穂さん)

心の中でイメージしている表情や姿勢と、客観的に見たときの印象がこれほど違っているなんて驚きました。スピード写真だと時間制限があるため急かされて笑顔が固くなりがちですし、姿勢の歪みも気付きにくいので、やはりプロのカメラマンさんにお願いした方がと安心だなと思いました。また、個人的には、メイクさんが肌の調子を見ながら丁寧にメイクをしてくれたのがとても嬉しかったです。自分では普段なかなかしないようなメイクをしてくれて、「こうすればいいんだ」と勉強になりました!

 

今回、撮影にご協力いただいた「フォトスタジオ・フォプロ」のWebサイトはこちら!

http://www.phopro.jp/

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介