教職・一般・専門教養

ジーニー永井先生が教える残り半年間の必勝メソッド

まずは、過去問を入手。コピーを取ったら、問題の内容を見ながら“分類”をしていきます。

手順①
志望する自治体の過去問(3〜5年分)を入手

過去問分析をするには、過去問が不可欠。ということで、志望する自治体の過去問を、最低でも過去3年分、できれば5年分は入手しましょう。入手方法はいくつかありますので、以下の手順に沿って、やってみてください。

p004_1

p004_2_2『教職教養の過去問』 『一般教養の過去問』 時事通信出版局 編 定価 各1,900円+税

 

手順②
問題をコピー→切り抜き→分類

過去問を入手したら、問題部分をコピーして問題(大問)単位で切り抜きます。その後、分野・領域ごとに、問題を分類していきましょう。分類方法は、教職教養の場合は、以下の表を参考にしてください。

p005_2_2

p005_3

このつづきは

本誌『教員養成セミナー2017年2月号』をご覧ください!

←画像をクリック

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご案内