場面指導

CASE 41  保護者の行事への協力が…

教員採用試験の面接試験で「場面指導」を実施する自治体が増えています。事例解説を通じて対応力を高めましょう。

%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e6%8c%87%e5%b0%8e

ミニクイズ「自発的な意思に基づき他人や社会に貢献する行為」のこと、何と言うか分かりますか?

 

中根 政美(共栄大学客員教授、元埼玉県公立小・中学校長)

 

設問の状況

学校にとって、保護者の協力は重要です。多くの保護者は、我が子を含めた子供たちのために、できるだけ協力しようとしてくれるものです。しかしながら、仕事の都合や介護等の家庭の都合で、PTA 活動や学校ボランティアへの協力が困難な保護者もいます。特に、1年間を通して務めることになるPTA 役員になるのは避けたい、引き受けるのであればできるだけ負担の少ない役職になりたい、という傾向があるのも事実です。一方、PTA 役員、学級役員を経験された方の中には、「子供たちの活動に近くで関わることができた」「担任の先生と接する機会が増え、学校が身近に感じられるようになった」「役員同士の交流で学ぶことが多かった」といった感想を持たれる保護者も多くいます。それだけに、できるだけ早い時期から必要な協力やボランティアの計画を周知し、学年を越えた保護者の協力、地域の方の協力をいただくなどの工夫が求められています。日頃から保護者との連携を大事にし、積極的に学校に協力していただく雰囲気を作ろうとしているか、教師として姿勢が問われる場面指導です。

 

模範的な対応例

本事例のような状況への対応のポイントは、次の3点です。①行事計画と保護者の協力依頼を早めに行うこと、②協力をいただくことの意義を説明できること、③「チームとしての学校」の視点から、地域の方を含めた「学校応援団」等の組織を活用すること、です。

【問】学級懇談会の席で、「家庭の事情で、担当していた行事への協力が難しくなった」と保護者から発言がありました。どうしますか?

【答】相当の事情があると考え、他の保護者の方々に代わっていただけないか、お願いしてみます。

【問】どの保護者からも、代われるとの申し出がありません。どうしますか?

【答】行事の意義についてお話すると同時に、児童生徒の安全を確保し、豊かな学びを実現するために協力が必要であることを、時間をかけて説明します。

【問】それでも、どの保護者からも申し出がありませんでした。どう対応しますか?

【答】PTA 役員や学級役員の方を中心に、保護者同士の話し合いで、決めていただくようお願いしたいと思います。

【問】保護者や地域の方々に、学校への協力をいただくために大切なことは、何だと思いますが?

【答】3つあります。1つ目は、保護者や地域の方々の協力が、児童生徒の安全確保、楽しい学びや活動の充実につながることを理解していただくこと、2つ目は計画を早めに周知し、早い時期から協力をお願いすること、3つ目は日頃から保護者や地域の方との連携を深め、協力体制を主体的に決めていただくことです。

【問】「チームとしての学校」について、簡単に説明してください。

【答】教職員や学校内外の多様な人材が、それぞれの専門性を生かして能力を発揮し、子供たちに必要な資質・能力を確実に身に付けさせることができる学校のことです。そのためには、教職員だけでなく、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー、部活動指導員などの外部の専門家、保護者・地域の方々と一体となって教育を推進することが重要になります。

 

求められる教育的知見

PTA 役員の引き受け手が少なくなってきたなど、PTA のあり方について長く論議がされています。保護者や地域の方が、児童生徒の健やかな成長のために、学校に協力しようとする意識が薄れてきたとも言われます。中央教育審議会が、「チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について(答申)」(2015 年12 月)を出したのも、こうした背景があります。教職員だけでなく、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー、部活動指導員が一体となって学校教育を進めるには、日頃から保護者や地域の方々の協力を得ることが重要です。「学校運営協議会」「学校応援団」などの取り組みも推進されてきています。児童生徒の健やかな成長と確かな学力を身に付けさせるためにも、保護者・地域の方々との連携を重視する姿勢を面接官に伝えます。

 

類似する質問例

○保護者から「幼い子がいて、引き渡し訓練に行けない」と連絡がありました。どう対応しますか?

○地域の高齢者の方から「急用で昔遊びのボランティアに行けなくなった」と連絡がありました。担任として、どうしますか?

【クイズの答え】ボランティア

 

CASE42は

本誌『教員養成セミナー2017年2月号』をご覧ください!

←画像をクリック

教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介