教員採用試験の基礎知識

複数免許取得者に聞く! File2 近藤 由佳 先生

近藤 由佳 先生(名古屋市小学校教諭)
取得免許=小学校1種/中学校1種(英語)/高校1種(英語)

p061

英語の専門性を生かし、小学校での
英語教育を中心となって推進していきたい

 

──近藤先生が、複数の免許を取得するまでの経緯について教えてください。

大学の教育学部を卒業し、中高英語の免許状を取得した後、「生きた英語を身に付けたい」との思いから、オーストラリアのシドニーに留学しました。帰国後、中学校の非常勤講師を務めていたのですが、中学生と関わる中で初等教育の課題を感じ、小学校教員になりたいという思いが芽生えてきました。子供との関わりがより深い点も、 小学校教員に魅力を感じた理由の一つです。

 

──「初等教育の課題」とは、具体的にどのようなものでしょうか?

非常勤講師1年目に中1の授業を担当したのですが、自分に自信が持てない子が数多くいたのです。何か一つ不得意な教科があるだけで、自己肯定感を持てない子供を見るにつけ、小学校の教員になって、すべての教科を教えたいという気持ちが強くなっていきました。

 

──通信教育で免許を取得するにあたり、創価大学を選択した理由を教えてください。

教育理念等に深く共鳴するところがあったからです。実際に通ってみた印象として、先生方もとても情熱的で、「学校教育を良くしたい」との熱い思いを持っているところが、最大の魅力だと思います。

 

──テキスト学習を進めるにあたり、不安や心配はありませんでしたか?

レポートの作成は確かに大変でしたが、「どう書いてよいか分からない」ということはありませんでした。大学時代に、レポートの基礎を身に付けていれば、十分に対応できる内容だと思います。

 

──スクーリングに参加した印象は、いかがでしたか?

スクーリングでは、勉強になることがたくさんありました。ベースに非常勤講師としての経験があったからだと思いますが、大学時代以上に、一つ一つの授業から多くの知識や技能を吸収することができました。学級経営や生徒指導などについて学んだことの中には、早速、日々の指導に生かそうと思うものもありました。また、スクーリング中は大学の宿泊施設を使わせてもらいましたが、清潔感もあって快適でした。

 

──教員採用試験対策講座には、参加されましたか?

2年目のスクーリングでは、元校長の講師の先生に、面接の指導をみっちりとしていただきました。また、そこで知り合った仲間同士でも、面接練習を繰り返しました。論作文については、通信教育での添削を受けられたのが有り難かったですね。私が受験した名古屋市は1次に論作文がありましたが、突破できたのは通信添削講座のおかげだと思います。

 

──中高英語と小学校の両免許を併有して、良かったと思うことはありますか?

まず、採用試験で、英語の免許を持っていること自体が、好印象だったように思います。2020年には小学校高学年で英語が教科となり、いずれは担任自身が英語の授業をできるようになることが求められています。その点でも、英語の免許を持って指導に携われることは、大きな強みになると思っています。

 

──今後の夢や目標について聞かせてください。

やはり、自身が留学した経験、中高の免許状を持っている強みを生かし、英語教育で学校の中心的役割を担える教員になりたいですね。英語教育は最初が肝心で、やり方を間違えると「英語嫌い」を生んでしまいかねません。英語が「楽しい」と感じられる、国際理解力を持った子供たちを育てていきたいと思います。

創価大学通信教育部
〒192-8577
東京都八王子市丹木町 1-236
TEL:042-691-3451
以下のURLから入学願書を取り寄せることができます。
http://www.umcnavi.jp/soka/tk/index.asp?ID=21601
p057
教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご案内