教員採用試験の基礎知識

複数免許取得者に聞く! File1 新開 亮 先生

新開 亮 先生(東京都小学校教諭)
取得免許=小学校1種/中学校1種(理科)/高校1種(理科)

p060

理科の専門性を深めながら
小学校教員としてのキャリアを重ねたい

 

──新開先生が、複数の免許を取得するまでの経緯について教えてください。

福岡県の高校を卒業後、理科が得意だったこともあり、大学の工学部に進学しました。そこで、中高理科の免許状を取得し、教員採用試験の勉強にも着手していたのですが、実は入学前から「小学校の教師になりたい」との思いも抱いていて、4年生になる頃にはそれが強くなっていました。そこで、卒業後に創価大学通信教育部に入学し、2年間をかけて小学校の免許を取得することにしました。

 

──小学校の先生になりたいと思った理由は何だったのでしょうか。

小学生時代に、良き恩師と出会ったのがそのきっかけです。その先生とは、今でも交流が続いています。私自身、小中学校の両方に教育実習へ行きましたが、小学生の方が波長が合うように感じたのも、小学校教員を目指したきっかけの一つです。

 

──創価大学を選んだのはどのような理由からでしょうか。

校訓や理念に共感するところがあったからです。通信教育部については、学費が安い点も、非常勤講師として働きながら学ぶ身として有り難かったですね。

 

──実際に入学してみた印象はいかがでしたか?

テキスト学習については、当初、レポートをどのように書いてよいかが分からずかなり苦労しました。でも、夏期スクーリングで書き方や上手に書くコツを教えてもらうことができたので、それ以降はスムーズでした。

 

──スクーリングの方はいかがでしたか?

たくさんの授業を受けましたが、美術の授業で学んだ実技的な技能などは、現在にも活きています。あと、多くの仲間と共に学べて、楽しかったですね。スクーリングで知り合った仲間とは、現在でも交流が続いています。また、2年次の夏期スクーリングでは、教員採用試験の2次対策でも随分とサポートいただきました。元校長先生などにご指導いただきながら、集団討論や面接練習などを重ねることができたのは、非常に大きかったと思います。そのおかげもあって、1回目の受験で合格することができました。

──小中の両免許を持っていてよかったと思うことはありますか?

まず、採用試験の選択肢が広がった点が挙げられます。私の場合、東京都の小学校・理科コースで受験することができました。専門教養の試験内容が、得意な理科に重点を置いたものなので、有り難かったですね。
また、大学時代の教職課程や卒業論文を通じ、仮説を立てて実験・検証をするというプロセスを身に付けたことは、理科に限らず、さまざまな授業において役に立っています。

 

──教師としてキャリアを重ねていく上で、小中の免許を併有していることの意味は大きいですか?

現在、教員になって2年目を迎えますが、現任校で理科の研究授業をやらせていただいたり、理科に関連する校外での研修に参加させていただいたりしています。小学校教師として、理科の研究を柱としてキャリアを重ねていきたいと考えていて、校長先生をはじめ、周囲の先生方にもそうした理解をいただいています。そんな恵まれた環境にあるのも、中高理科に関して専門的な知識を有し、複数の免許状を所持しているからではないかと思います。

創価大学通信教育部
〒192-8577
東京都八王子市丹木町 1-236
TEL:042-691-3451
以下のURLから入学願書を取り寄せることができます。
http://www.umcnavi.jp/soka/tk/index.asp?ID=21601
p057
教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介