教員採用試験の基礎知識

教育学部長に聞く! 複数免許併有のメリット

学校間の接続が課題となる中
免許を併有するメリットは大きい

p059

創価大学教育学部長 鈴木 将史 教授

 

──小中学校の免許を併有することのメリットについて教えてください。

中等教育学校に続いて義務教育学校が制度化され、高大接続のあり方も検討されるなど、学校間の円滑な接続が大きな課題となっています。自治体によっては、「小中連携」の枠を設けて教員を採用したり、小中学校間の人事交流を積極的にしたりといった動きもあります。今後も、こうした動きが加速する可能性は高く、その点で、複数免許を併有することのメリットは大きいと言えます。
教員の資質という点でも、小学校の教員が中学校の免許を持ち、特定の教科・領域について専門的知識を有していることは、望ましいことです。子供たちが小学校を卒業後、中学校や高校で何を学ぶのかを理解しておけば、見通しを持った指導が可能となります。

 

──2つ目の免許を取りたいという人の多くが、通信教育を選ばれています。理由は何なのでしょうか。

正教員として採用された人が、働きながら大学の学部課程に通って2つ目の免許を取ることは、現実的に不可能です。この点は、民間企業勤務の人も同じで、仕事を続けながら大学の学部課程に進学するのは、難しいと思います。
通信教育の最大のメリットは、時間的な拘束が少ないため、そうした人たちが退職・休職せずに免許状を取得することができる点です。退職・休職というリスクを回避して、教員免許を取得できるのは大きいことだと思います。

 

──創価大学の通信教育部で、教員免許取得を目指している人は、どのような方が多いですか?

本学の通信教育部には、年齢も出身地もさまざまな人が在籍しています。民間企業に勤務する人もいれば、家庭の主婦もいます。本学の卒業生だけでなく、国立大学や海外大学の卒業生も少なくありません。
スクーリングでは、そうした多様なキャリアを持つ人が集まり、共に励まし合い、交流しながら学習しています。教員になれば、子供だけでなく、保護者や先輩教員などの大人とも連携・協力していく必要があり、その意味でも異年齢集団の中で学ぶ経験は、プラスに作用するものと思います。

 

──創価大学通信教育部の特色について教えてください。

一つは、学生同士の交流が盛んな点です。不思議なもので、夏期スクーリングでは毎年、全国から集まってきた学生同士が、あっという間に仲良くなります。同じ寮に宿泊するメンバー同士が互いに励まし合い、レポートの提出を競い合うのが恒例行事となっています。
もう一つは、教員のサポート体制が充実している点です。通信教育は、レポートの作成に苦労する人が少なくありませんが、本学では全国の主要都市で、レポートの書き方の講座を開催するなどして、手厚く指導・支援します。また、教職指導講師を全国各方面に配置し、実習が円滑に進められるようにバックアップを進めています。

 

──最後に、創価大学が育てたい教員像について教えてください。

本学の「創価」は「価値を創造する」という意味です。子供たち一人一人にある無限の価値を信じ、その可能性を伸ばせる教員を育てたいとの思いがあります。価値を見出すためには、それを見抜く眼力はもちろん、価値を見出す行為に“喜び”を感じられる資質も必要です。
毎年、そうした理念に共鳴し、多くの学生が本学の門を叩きます。本学で勉学を重ね、正教員となった人の数は、これまでに学部・通信教育を合わせて約7,000人にも上ります。多くのOB・OGがいることから教育委員会との連携も活発で、そうしたネットワークも活かしながら、学校教育の価値創造に寄与できる人材を育てていきたいと考えています。

創価大学通信教育部
〒192-8577
東京都八王子市丹木町 1-236
TEL:042-691-3451
以下のURLから入学願書を取り寄せることができます。
http://www.umcnavi.jp/soka/tk/index.asp?ID=21601
p057
教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご案内