お知らせ

編集部ルポ 必修化でどうなる? 小学校のプログラミング教育 〜先進校の実践をレポート〜

2020年度の小学校学習指導要領の改訂に伴い、「プログラミング教育」が必修化される予定となっています。一方で、ICT機器などのハード面の整備や教育人材の確保など、実現には多くの課題が残されています。そこで今号では、編集部ルポとして東京都品川区の小学校で行われている事例レポートし、プログラミング教育の動向を探ります。

文・澤田 憲

p052

高まるICT人材の需要と
プログラミング教育の現状

1990年代中盤からパソコンが爆発的に普及したことで、私たちはインターネットやアプリケーション、ゲーム、動画などのサービスやコンテンツを、日常生活の中で当たり前に利用するようになりました。これらICTを介したサービスは、「コンピュータプログラミング」によって作られており、その知識や技術に対するニーズは、今後さらに高まることが予想されています。
こうした時代の流れを踏まえ、新学習指導要領が全面実施される2020年度から、小学校において「プログラミング教育」が必修化される見通しとなっています。
必修化の動きは、日本に限ったことではありません。実際に、アメリカやイギリス、フィンランド、韓国など多くの先進国で、プログラミングを教育課程に導入することが検討されています。
その背景には、ICTを担う人材が世界的に不足している問題があります。経済産業省の調査によると、日本の場合、2015年時点で約17万人、2030年には最大で約79万人のICT人材が不足することが見込まれています(『IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果』より)。
一方で、プログラミングはまだ一部の限られた人だけが持つ専門的知識・技術というイメージが強く、義務教育課程においても、学ぶ機会はほとんどないのが現状です。中学校では、技術・家庭科において「プログラムによる計測・制御」の単元が必修化されていますが、その内容は3年間を通じて初歩的な内容を5〜6時間程度学ぶにとどまっています。
今後、人工知能やIoT(モノのインターネット)などのさらなる発達に伴い、ビジネスや日常生活においても高度なICTスキルが問われる社会になることが予測されます。近い将来、専門的知識としてではなく、教養としてプログラミングを学ぶ時代が到来する可能性もあるでしょう。

「プログラミング的思考」とは何か?
「プログラム」とは、簡単に言うと、コンピュータに対する命令が書かれた文書のことです。このプログラムにより、コンピュータは情報を記憶したり、演算したり、出力したりといった処理を行います。プログラムは、C言語などのプログラミング言語を使って書かれますが、実際には書く前に「アルゴリズム」を考えなければなりません。アルゴリズムとは「問題を解く手順」のことで、要は「どうすれば希望通りにコンピュータが動いてくれるか」の筋書きを表したものです。小学校で実施されるプログラミング教育は、このアルゴリズムを考えることに重点が置かれており、文部科学省の「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」(2016年6月)には、「動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力が必要」と書かれています。このような考え方を「プログラミング的思考」と言い、子供たちは学習用ソフトなどを使って、ブロック(命令)を選んだり、組み合わせたりして、発想や方法論を学んでいきます。p053

 

このつづきは

 

本誌『教員養成セミナー2016年12月号』をご覧ください!

 

←画像をクリック

 

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介