その他

教職大学院 誌上オープンキャンパス 立命館大学大学院教職研究科

2017年4月開設!
総合大学の強みを生かし
院生の多様なニーズに対応

2017年4月に開設予定の立命館大学大学院教職研究科は、西日本の私学において単独では初となる教職大学院です。総合大学の強みを生かし、院生にとって魅力的な学びの場が用意されています。

p060_1立命館大学大学院教職研究科 http://www.ritsumei.ac.jp/gspte/pr/

 

特色

数ある私立大学の中でも、先駆的取り組みに定評がある立命館大学。教員志望者をサポートする「教職支援センター」を全国に先駆けて設置するなど、一貫して教員養成に力を注いできました。これまで輩出してきた現職教員の数は約7,000名にも上り、北は北海道から南は九州・沖縄まで、多くのOB・OGが幅広い校種・教科で活躍しています。そんな同学が、満を持して設置する教職大学院とあって、注目度は高いものがあります。

その設置計画を見ると、総合大学ならではの懐の深さを生かし、院生のさまざまなニーズに対応できる環境が用意されています。同学には計14の学部があり、小・中・高の多様な教員免許状を取得できますが、教職大学院ではこれらすべての免許状取得者が、その専門性を存分に高められる学習メニューが用意されています。空き時間を活用して他研究科の講義を受けることもでき、教科の専門性を高めたい中高の教員志望者にとっては、この上ない学習環境が整っていると言えるでしょう。

同学が持つ強力なネットワークも、魅力の一つです。京都府・京都市・滋賀県・大阪府の教育委員会との連携の下、各教育委員会が管轄する公立学校19校と、これに附属校7校を加えた26もの連携協力校が、実習・ボランティア等の受け入れ先となる見込みです。また、卒業生組織として「立命館学校教育研究会」があり、研究大会や若手教員懇談会が定期的に開催されるなど、活発な情報交換が行われています。実践経験の少ない学部卒の院生にとっては、こうしたネットワークが自身のスキルアップを後押ししてくれる場面も多いことでしょう。

教職大学院が置かれる朱雀キャンパスは、JR二条駅から徒歩2分の立地にあり、附属校や連携協力校、他キャンパスへのアクセスも便利です。また、建物内にはリサーチライブラリーや院生自習室など、最新の施設も整えられています。さらには、電子黒板等の設備も整えられ、ICTを活用した模擬授業等にも対応できます。院生にとっては、ハード・ソフトの両面から、申し分のない環境が整えられていると言えるでしょう。

p060_2リサーチライブラリー

p060_3院生自習室

p061教室には最新の設備が整えられています。

名称:立命館大学大学院 教職研究科(2017年4月開設)
入学定員:35名
授業料:90万円(年間)
開設場所:朱雀キャンパス(JR二条駅から徒歩2分)

 

2年間の履修内容

1年次の後期から3コースに分かれる

カリキュラムは、大きく「共通基本科目」「専門実習科目」「コース科目」に分かれています。この点は、他の教職大学院と同じですが、「コース科目」のうち「コース必修科目」については、1年次の後期(2セメスター)から表1に示す3つのコース「臨床教育」「教育方法・学習科学」「国際教育」より1つのコースを選択し、各コースに分かれて単位を取得していく点に、大きな特色があります。
いずれのコースも、学校教育が直面する課題を踏まえ、その解決に向けた人材育成という観点から、カリキュラムが組まれています。このうち、全国的にも珍しいのは「国際教育」コースで、小学校での英語教育、外国人児童生徒への支援、国際バカロレア(IB)教育の推進などに対応できる教員の養成を目指します。こうしたコース設定からは、グローバル化を積極的に推進してきた同学の強い思いを読み取ることができます。

p61_%e8%a1%a81

 

大学院での授業は研究者教員と実務家教員がペアで進行

2年間の履修プログラムは図2の通りで、実習は1年次の9月に3週間(105時間・3単位)、2年次の4~6月に7週間(245時間・7単位)行われます。実習の前には、共通基本科目での履修等を通じて理論を学び、実習の後には振り返りを通じて、自らの実践や研究を深めます。まさに、「理論と実践の往還」を体現した履修プログラムにより、次代のリーダーとなる教員を養成することが目指されているのです。
共通基本科目の授業の大半は、研究者教員と実務家教員がペアになり、ディスカッションやグループ活動、フィールドワークなどを多用しながら進められます。また、こうした授業や活動は、すべての院生が交じり合う形で進められるため、学部卒の院生にとっては、現職教員の院生から学ぶ機会にも恵まれています。
また、現職教員の院生で、在学中に勤務を有することにより、標準修業年限で学修することが困難な場合は、在学年限(4年間)の範囲内において計画的に教育課程を履修することができる長期間履修制度を利用できます。

p62_%e8%a1%a82

 

午前中を有効活用できる時間割編成

時間割編成上の特色としては、共通基本科目をはじめ、授業の多くが4~6時間目に組まれている点が挙げられます。これは、午前中をなるべくフリーにすることで、学校ボランティアへの参加、他研究科の履修などを可能とするためです。キャンパスが市内のアクセスしやすい立地にあることも、こうしたスケジュールを組みやすくしています。
入学資格は1種免許状を取得していることとなりますが、2年間の履修を通じて取得できる専修免許状は、小学校の他、中学校11教科、高等学校16教科にも上ります。中高については、他研究科受講を通じて教科の専門性を高めることもできます。多くの教職大学院が小学校教員の養成に力を入れる中で、中高教員の多様なニーズに応える学習環境が用意されている点は、立命館大学大学院教職研究科の大きな特色と言えるでしょう。

p62_%e5%9b%b31

p62_%e5%9b%b32

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご案内