お知らせ

2016年7月号 P066の内容誤りについて

 2016年7月号P.066の記事におきまして、内容に誤りがございました。お詫びして訂正申し上げます。 

 

【元の記事】

筆記試験の内容としては,関西ブロックの大阪府,大阪市,豊能地区,堺市の試験において,教職教養の試験に「思考力・判断力を問う問題」の出題が追加されることが明らかになっています。この「思考力・判断力を問う問題」については,2015 年10 月に大阪府が実施した「平成27 年度教員チャレンジテスト」でも出題がされています。実施問題をWebサイトで見ることができるので,大阪府等を受験予定の人は,必ず確認しておきましょう。

 

【誤り(下線部)について】

大阪府が実施した「平成27 年度教員チャレンジテスト」において、「思考力・判断力を問う問題」は出題されておりませんでした。よって、Webサイトに掲載された問題にも「思考力・判断力を問う問題」は入っておりません。また、「平成27年度教員チャレンジテスト」の実施は「2015年10月」ではなく「2015年12月」の誤りでした。

なお、2016年12月実施予定の「平成28年度教員チャレンジテスト」におきましては、「思考力・判断力を問う問題」の出題が予定されております。

 

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご案内