場面指導

教員採用試験の場面指導 CASE 19 体育後の教室で生徒たちが騒いでいます…

 

教員採用試験の面接試験で「場面指導」を実施する自治体が増えています。事例解説を通じて対応力を高めましょう。
場面指導

【ミニクイズ】 「疑心が起こると、ありもしない恐ろしい鬼の形が見えるように、なんでもないことまで疑わしく恐ろしく感ずる」(『広辞苑』)ということを意味する四字熟語、分かりますか?

解説=中根政美(共栄大学客員教授、元埼玉県公立小・中学校長)

 

設問の状況

ほとんどの小・中学校は、腕時計や携帯電話等の学校への持ち込みを禁止しています。それでも、校外学習やグループ(班)での学習活動の時などに、腕時計を使用する場合があります。現金も含めて、貴重品の管理は重要なことで、盗難事件の発生につながることがあります。そのような事故を防ぐために、朝、教師が貴重品や高額の現金を預かり保管するなどのルールを作ります。もし、紛失事故が発生した場合には、紛失の状況を丁寧に確認します。他の場所に置き忘れていないか、いたずらされた可能性はないか等、落ち着いた雰囲気の中で行います。重要なのは、犯人捜しに重点を置くのではなく、再発防止に力を注ぎ、安心安全な教室(学校)を作る契機とするという視点です。学校に必要がないものの持ち込み禁止の徹底や、貴重品・現金の保管のルール等を再確認し、盗難事故を未然に防ぐ学級づくりに力を入れることが求められます。騒然とした雰囲気に流されることなく、安心して生活できる学級づくりの好機と捉えることができるかどうか、教師としての資質が求められる場面指導です。

 

模範的な対応例

まず、紛失の状況を把握し、他の場所に置き忘れていないかなどを児童生徒に確認します。その上で、犯人捜しにならないよう配慮しながら、紛失した物を探します。被害を受けた児童生徒の心のケアにも配慮しながら、学年全体(学校全体)、保護者とも連携し、再発防止のルールを確認します。ポイントは次の3点です。①落ち着いた雰囲気をつくり、紛失の状況把握を行うことができるか、②犯人捜しではなく、安心安全な学級づくりの契機と捉えられるか、③被害を受けた児童生徒の心のケアを十分に行えるか、です。

【問】体育の授業後、教室の生徒の机の中の腕時計が紛失し、教室がざわついています。どうしますか?

【答】まず静かにさせ、紛失の状況把握を行います。他の場所に置き忘れていたり、いたずらで隠されたりしていないかを確認します。

【問】生徒たちが、名前を挙げ合って、犯人を特定しようとしだしました。どうしますか?

【答】大事なのは、犯人捜しをすることではなく、級友を信頼し合い、安心安全な学級をつくることであることを話します。

【問】腕時計が見つかりません。どうしますか?

【答】他学級の生徒や学校外の者の侵入、いたずらの可能性もあることから、学年主任や管理職にも報告し、引き続き探すことを生徒たちに伝えます。

【問】本人や保護者には、どう対応しますか?

【答】本人の心のケアに努めます。保護者にも事実を伝え、引き続き探すこと、再発の防止に全力を尽くすことを話します。

【問】貴重品や現金等の紛失・盗難事故を防ぐために大切なことは何ですか?

【答】貴重品や現金等、学習に必要でない物は持ち込まないこと、もし、必要があって持ち込んだ場合は、担任に預けるなどのルールを再確認することです。

 

求められる教育的知見

集団生活の場である学級は、最も安心安全な場所でなければなりません。児童生徒同士で疑い合ったり、全員の持ち物検査を強制的に実施したりすることは、人権問題に発展します。学習に必要のない物は持ち込
まない、必要があって持ってきた時には担任に預ける等の保管のルールを再確認することが必要です。それでも、携帯電話類やゲームソフト、高額な現金などが持ち込まれ、紛失や貸し借りのトラブルが発生するこ
とがあります。そのため、なぜ校則やルールを守る必要があるのかを、児童生徒自身に考えさせることが何より重要です。そして、ルールを自主的に守り合うことが、豊かな人間関係と安心安全な学級・学校をつく
る基盤であることを、さまざまな機会を通して考えさせることが求められます。事例のような場面を、規律ある学級に変えていくチャンス(機会)と捉え、学級経営に生かしていく姿勢を面接官に伝えていくように
しましょう。

 

類似する質問例
「 机の中に入れておいた部活動のユニフォーム代がなくなった」と報告がありました。どう対応しますか?

○ 保護者から「うちの子の筆箱から、人気のキャラクター消しゴムが何度もなくなる」との電話がありました。担任として、どう対応しますか?

 

【クイズの答え】疑心暗鬼

kyousemi_3月号

Case20は、本誌『教員養成セミナー2016年3月号』をご覧ください!

←画像をクリック

教セミちゃんねる 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご紹介