躍動する若手教師

File 07 金川ひとみ(かながわひとみ)先生 (大阪市立常盤小学校)

教員採用試験合格を果たした先輩たち。すでに、各学校で一人の教師として活躍し、子供たちとともに充実した日々を送っています。

i‰¼ƒLƒƒƒvƒVƒ‡ƒ“j“úAi—¹j

子供たちの意見や考えを,

一つずつ丁寧に黒板に記していく金川先生。

授業直後の黒板からは,

子供たちの思考の足跡がはっきりと見えてきます。

 

Q1 初任の年は,どんな1年でしたか?

初任者だった昨年度は2年生を担任していましたが,とにかくあっという間で楽しい1年でした。当時の日記を読み返してみると,初めのうちは「ああしてあげれば…」「こうしておけば…」など反省の言葉ばかりが書かれているのですが,次第に子供たちの成長を喜ぶ言葉が増えていき,楽しかった出来事をあれこれと思い出すことができます。教材研究と授業,反省と改善を繰り返し,研修もたくさん受けました。毎日,本当に忙しかったですが,今までの人生の中で,最も充実した1年だったとも思います。

 

Q2 子供と接する上で気を付けていることは?

子供が何かをやり遂げた瞬間,反対に課題が見えた瞬間を見逃さずに,褒めたり叱ったりすることを心掛けています。そのとき子供に必要な言葉を,しっかりと伝えてあげることが大切だと思っています。

授業では,子供によって異なる「つまづき」に,できるだけ早く気付いてあげられるよう,机間指導を積極的に取り入れています。また,板書は,子供が書いたことや意見もできるだけ消さずに残し,授業後の黒板を見れば,その授業で何をしたのかが分かるようにしています。

 

i‰¼ƒLƒƒƒvƒVƒ‡ƒ“j“úAi—¹j

 

Q3 小学校教師の醍醐味は何だと思いますか?

子供の成長をよく観察できることだと思います。担任が基本的に全教科を指導する小学校教師は,教科担任制の中学校や高校の教師よりも,子供と接する時間を多く持つことができます。また,全教科を指導することで,「体育は苦手だけれど,算数は得意」といったことにも,すぐに気付くことができる。一人一人の子供の良い部分を見つける機会がたくさんあることが,小学校教師の醍醐味だと思います。

 

i‰¼ƒLƒƒƒvƒVƒ‡ƒ“j“úAi—¹j

 

Q4 どんな教師でありたいですか?

休み時間には子供と一緒に思いきり遊び,授業になったら,きっちりと切り換えて授業に集中させられる教師でありたいと思っています。そして,「分かった」「できた」という声が上がる,子供が自主的に学びに向かっていくような授業ができる教師になりたい。まだまだ課題は多いですが,周囲の先生方の授業を参観したり,お手本にして,授業改善に取り組んでいます。

 

i‰¼ƒLƒƒƒvƒVƒ‡ƒ“j“úAi—¹j

教育データ対策 これ一冊でいっき解決! 3ステップ過去問分析の進め方 教員養成セミナーのご紹介 教セミLine@ 教員採用試験対策サイトへ

最新号のご案内